入金ボーナスで失敗しないための3種類のボーナスタイプについて(分離型・一体型・ハイブリッド型)

オンカジ講座 厳選

ここでは、(初回)入金ボーナスのタイプについての説明をしていきます「もらわない」という選択肢もありますが、これを読むことで初回入金ボーナスだけでなく、その後のボーナスやプロモーションのオファーを受けた時の判断基準を作ることができます。

このボーナスタイプが先にあって、そのあとにボーナスの種類が関係してきます。
無料ボーナス、入金ボーナスなどの種類と内容について解説(内部リンク)

ボーナスタイプ  分離型

ここではボーナスの内容を分かりやすくするためにカジ旅の特典である、「初回入金 100%ボーナス 最高$100(賭け条件20倍)」を例に挙げて解説します。


分離型のボーナスはオンカジのなかでも一般的です。ですが、仕組みを知らないと損をすることがありますので説明します。

「100%ボーナス 最高100ドル」(賭け条件20倍)とはどういう意味?

「100%ボーナス 最高$100」とは

オンカジに登録するとこのような内容のボーナスをもらえる機会がふえます。100%ボーナスというのは、$100のリアルマネーを入金すると、特典として「入金額の100%分」のボーナスマネーがもらえるという意味です。

図解すると上のようになります。アカウント残高には$200と表示されます。
実際の内訳としてはリアルマネーとボーナスマネーがそれぞれ$100なので、$200になります。

賭け条件20倍とは

ボーナスマネーをルールに沿って20倍分賭け続けると現金化できるという意味です。リアルマネーが先に使われますので、ボーナスマネーの賭け条件は、リアルマネーが全部無くなってからはじまります。

リアルマネーで儲かったときは、ボーナスマネーを放棄して出金時することもできます。
(少数ですが、出金した後でもボーナスマネーだけがそのまま残るオンカジも存在します)

分離型のボーナスマネーは「保険」

上の図の通り、ボーナスマネーの権利は出金時に放棄することもできますが、ボーナスマネーを使用するにはリアルマネーが全額なくならないと使用できません。なので、ボーナスの性質はリアルマネーがなくなったときの「保険」という意味合いに近くなります。

分離型のボーナスマネーを有効活用する遊び方

「保険」をかけているのだから、はじめから全額勝負に出る戦法もアリです。
ルーレットで「赤」に$100賭けるとか、BJやバカラで全額を1度に賭けて、稼いだら撤収するという荒業も使えます。
負けたらおとなしく20倍($2,000分)賭けを消化していくこともできます。

ボーナス分離型のまとめ

・ボーナスが「保険」として機能する
・出金のときに切り離せる
・リアルマネーで先に大勝負もできる
・リアルマネーが「0」にならないと使えない

ボーナスタイプ  一体型

一体型は、リアルマネー(入金額)とボーナスマネーが一体になってアカウントへ反映されるものを指します。入金額もすべてボーナス扱いとなるため、〇日以内までに出金条件を満たすまで賭けるか、残高が0になるまでひたすら賭け続けなければなりません。

例えば、初回入金+200%ボーナス(入金額+ボーナス:賭け条件40倍)となっていた場合、$100入金の場合だと{$100+(ボーナス$200)}×40倍=$12,000(実質「$100」の120倍!)を賭け続けることになります。でも最初からボーナス消化されているので、賭け続けていればクリアは可能です。
イメージは下の図になります。

一体型は「ハイリスク・ハイリターン専用」

一体型のボーナスマネーは始めから入金額が大幅に増えた状態でボーナス消化がはじまるところに特徴があります。ただ、ボーナス消化中にどこかで大勝ちをしないと、全額なくなる可能性が高いです。計算すると出金確率は1%以下になります。
 

<参考>$100をRTP96%で繰り返し消化したときの残高の割合(変動率を考慮しない)

20倍:44% 30倍:29.3% 40倍:19.5% 60倍:8.6% 80倍:3.8% 120倍 :0.63%

人の価値観はさまざまなので、$100で$300分遊べたと考えれば良いのかもしれませんし、
大きく賭けて勝って出金すれば良いと考える方にとっては些細な話かもしれません。
でも初心者や一般人にはかなり難しい出金条件になりますので、できれば初心者のうちは避けるようにしましょう。

ボーナスには「もらわないという選択肢」もあります。もらう際は利用規約を読んで一体型なのかを確認しましょう。

 利用規約の大切さ

 

ボーナス一体型のまとめ

・始めから入金額が増えた状態でスタートできる
・最初からボーナス消化がはじまる。
・ボーナス消化中に大勝すれば、大金で引き出せる可能性あり
ボーナス消化が終わるまで出金できない
分離型より多くの賭け額がかかる。(総額で2倍以上)


      

ボーナスタイプ  ハイブリッド型

最近、「分離型」と「一体型」の機能のいいとこどりができるボーナスが出回り始めています。それがハイブリッド型です。

アカウントにボーナスマネーがある場合には、リアルマネーとボーナスマネーの比率に従い、
自動的にベットに使用されます。たとえば、$100のリアルマネーと$100のボーナスマネーが入っている場合、$10のベットは、$5のリアルマネーと$5のボーナスマネーで構成され、勝利金が同じ比率で分配されます。複数のボーナスマネーがアカウントにある場合は、その金額が合計され、かつ、出金条件額も合計されます。

特徴はボーナスマネーをもらった時点から自動で消化計算がされていきます。出金時には残ったボーナスを放棄することもできます。
また、アイテムとしてもらったボーナスマネーはそのまま単独でボーナス消化することも可能です。
このサイトで紹介しているオンカジでは「カスモ」が該当します。

カスモの場合は(「リアルマネー」+「ボーナスマネー」)×30倍になっています。

ボーナスハイブリッド型のまとめ

・ボーナスが「保険」としても機能する
出金のときに切り離せる
・最初から入金額が増えた状態でスタートできる
・最初からボーナス消化がはじまる
導入しているカジノが少ない
一体型の機能を使ったときはより多くの賭け額がかかる
・途中出金もできるが、ボーナスマネーの比率によって勝利金が減る
・リアルマネーとボーナスマネーがそれぞれ変動するのでわかりにくい

まとめ

入金ボーナスのタイプには分離型、一体型、ハイブリッド型があることを説明しました。それぞれにメリットとデメリットがあるので、使い分けましょう。

 

ホームに戻る

コメント

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました