ビデオスロット RTPの調べ方と重要性

オンカジ講座 厳選

ここではビデオスロットのRTPの調べ方について解説します。
これを読むことによってビデオスロットにおいてRTPの調べ方が学べるとともに、ちょっとした差が大きな勝敗の差を生む要因になるということが理解できます。初心者でビデオスロットを遊ぶときのコツを解説していきます。

ビデオスロットのRTPの調べ方

初めて遊ぶスロットは必ず1度RTPを確認してから遊ぶようにしよう。RTPが低いと

ほとんどのスロット機種は画面の左下に「ゲーム情報」が載っていて、そこにRTPが記載されています。Push Gaminの「JAMMIN’JAR」(ジャミンジャーズ)というスロットの場合、「9つマス目ボタン」を押して「ゲーム情報」を押すと検索できる。(RTP)96.83%と書いてあります。機種により表示するボタンの形が「三」、「?」、「+」だったりしますが、基本は同じです。
書いていなかった場合は検索エンジンで 「(スロットタイトル名) RTP」で調べれば大体でてきます。

カジノミーの場合

カジノ紹介しているカジノミーでは、始めからRTPとボラティリティ等の情報が遊ぶ前から確認できます。すごい親切設計です。

JAMMIN’JARS(ジャミンジャーズ)はRTPが還元率96.83%あるけどボラティリティ(変動率)が「超高」なので、「FreeGames]が当たっても、配当がほとんどつかないことがある。

Thunder kick 「1429 uncharted seas」はRTPが98.6%あります。変動率の記載はないですが、実際に遊んでみると変動率は低いので、小当たりがでやすく、あまり増減しないので、初心者の方にもおすすめします。

Play’nGoの機種で遊ぶときは「低設定」に気を付けよう

Play’nGoの機種で遊ぶときは注意が必要です。なぜなら設定があるからです。見抜けないと負ける原因にもなります

Play’nGoのムーンプリンセスは日本人が1番好んで遊ぶ台として有名。

「通常設定」と「低設定」について

オンカジのビデオスロットを検索エンジンで調べてみると、「オンカジには設定が無いのでどのカジノで遊んでも同じ」という、情報がトップに出てきます。

しかし、実際は違います。Play’nGoという超人気のプロバイダーのゲームについては設定があります。下をご覧ください。

ムーンプリンセスのRTPを実際に調べた画像

 上は「通常」96.5% だいたいのカジノがこの設定であることが多いです。

ところが、「低設定」94.51%の設定のカジノもあるのです。

Play’nGoのスロットには設定が存在します。(ほかにはRed Tigerでも設定があります)


Play’nGoは超人気ゲームが多数あるので、カジノ側で低設定で置いていることもあるのです。怖いのは、そのカジノで1機種見かけたら、ほかのPlay’nGoの機種も全て設定が低くなっているところです

低設定のカジノは主にマルタライセンスのカジノなので、遊ぶ際はRTPを確認してから遊ぶようにしましょう。実際に設定が低かったときは他のプロバイダーのスロットで遊ぶことも考えよう。

RTPの「無表示」

いままでPlay’nGoの機種のRTPには「通常」と「低設定」があることを説明してきました。実はもう1つあります。↓を見てください。

同じムーンプリンセスの説明書きなのにRTPの表示がありません。

この場合、「通常」と「低設定」のどちらかが入っているのかわかりません。なので、初心者の方は避けておくのが無難です。

補足:カジノのライセンス規定では、ビデオスロットの設定を公開することについて決まりがありません。なので隠すこともできます。

play’nGoの設定は全部で5段階あって、96%台~88%台(約2%刻み)です。「無表示」で隠しているカジノは88%の設定を入れている可能性がありますので、特に注意しましょう。

設定がないことで知られているプロバイダー

最後にスロットにRTPの設定差がないということで知られているプロバイダーを紹介します。

  • Big Time Gaming
  • Microgaming
  • Quickspin
  • 4ThePlayer
  • ElkStudios

まとめ

ビデオスロットを最初に遊ぶときはRTPを調べてから遊ぶようにしましょう。日本人に大人気プロバイダーのPlay’nGoのスロットには「通常」「低設定」「無表示」がありますので、必ず確認してから遊ぼう。こういうちょっとした差が、大きな勝敗の差を生む要因になります。

オンカジのビデオスロットについて基本的な内容を解説

コメント

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました