ビデオスロット RTPの調べ方と重要性

ビデオスロット RTPの調べ方と重要性初心者のためのオンカジ講座

ここではビデオスロットのRTPの調べ方について解説します。
これを読むことによってビデオスロットにおいてRTPの調べ方が学べるとともに、ちょっとした差が大きな勝敗の差を生む要因になるということが理解できます。初心者の方がビデオスロットを遊ぶときに重要となるRTPについて解説していきます。

オンカジのビデオスロットのRTP(還元率)は、変更が可能な機種もあります。いわゆるパチンコやパチスロでいうところの設定がありますので調べ方などについて説明します。

 

ビデオスロットのRTPの調べ方

ほとんどのスロット機種は画面の左下に「ゲーム情報」が載っています。ルールやボーナス、配当情報のほかに、RTPが記載されていることがほとんどです。例としてPush Gamingの「JAMMIN’JAR」(ジャミンジャーズ)というスロットの場合では、画面左下の「9マスボタン」を押して「ゲーム情報」を押すと表示されます。

表示箇所は各プロバイダーによって異なりますが、末ページに表示していることが多いので、最終ページから見ていくか、「ctrlキー+F」でRTPを検索するとよいです。

ゲームプロバイダーによってボタンの形がほかにも「三」、「?」、「+」だったりすることありますが、表示についてはほぼ同じです。もしRTPが書かれていなかった場合は、検索エンジンで「スロットタイトル名 RTP」で調べれば大体でてきます。

RTPの考え方

RTP(還元率)を説明するときに、よく$100をスロットで遊び終わったときに$97になったから還元率が97%というような表現します。

それではRTPを計算してみましょう。RTPを算出するときには数値が3つあれば計算できます。

  • トータルゲーム数($× 回)
  • 自分が入金投下した金額
  • 出金した金額

(例)100ドル入金して、$1で100回まわしたあとに、$97で出金したときのRTP

上の例を数値で当てはめると

トータルゲーム数    $100(内訳$1×100回) 
自分が入金投下した金額 $100 
出金した金額      $97  

となります。そして、「トータルゲーム数」から「入金投下した金額」を引いて、「出金した金額」をプラスして数値を算出します。

(ゲ)100-(投)100+(出)97=97

そしてトータルゲーム数で割った数値がRTPとなります。

97 /(ゲ)100=0.97  RTP=97.0%   

*プログラムで97%のRTPだったしても、各数値が変動すればRTPが一時的に変動します
変動の大きさについてはボラティリティ(変動率)と表現されます。

カジノミーの場合

カジノミーの場合
カジノミーの場合ゲーム情報がプレイ前で確認できます。安心して遊べます。
ジャミンジャーズボーナス購入
ボーナスフラグを直接購入するときのRTPは少し低い96.49%です。
でも通常ゲーム84スピン分でボーナスが購入できるので、考えどころです。

カジノ紹介しているカジノミーでは、始めからRTPとボラティリティ等の情報がゲームをロードする前に確認ができます。すごい親切設計です。

画面の見方としては、JAMMIN’JARS(ジャミンジャーズ)はRTPが還元率96.83%ありますが、ボラティリティ(変動率)が「超高」なので、ゲーム全体的にボーナスゲームなどで大勝ちするチャンスもあれば、配当が全くつかないこともある機種であることを示唆しています。

直接ボーナスを購入できる機種もあるので、通常ゲームをスキップしたい人や余裕のある人は直接ボーナスを購入することもよいでしょう。

Thunder kick 「1429 uncharted seas」は、RTPが98.6%あります。変動率の記載はないですが、実際に遊んでみると変動率はかなり低いので、小当たりがでやすく、あまり増減しないです。

このようにRTPを調べます。

Play’nGoの機種で遊ぶときは「低設定」に気を付けよう

Play’nGoの機種で遊ぶときは注意が必要です。なぜなら設定があるからです。見抜けないと負ける原因にもなります

Play’nGoのムーンプリンセスは日本人が1番好んで遊ぶ機種として有名。

「通常設定」と「低設定」について

オンカジのビデオスロットを検索エンジンで調べてみると、「オンカジのスロットには設定が無いのでどのカジノで遊んでも同じ」という、情報がトップに出てきます。

しかし、実際は違います。Play’nGoという超人気のプロバイダーをはじめ、他のプロバイダーのゲームにも設定があります。下をご覧ください。

ムーンプリンセスのRTPを実際に調べた画像

 「通常」の設定は96.5%ほどです。一般的にはこの設定であることが多いです。

では、次の設定を見ていきます。

上の画像では94.51%が表示されています。この設定が使っているカジノも結構ありますので、珍しくはありません。見かけたときに「やる」、「やらない」はプレイヤーの判断によるところです。

さらに画像があります。

91.49%
画面左中段に91.49%とあります。(ムーンプリンセス)

さらに低設定である「91.49%」を置くカジノもあるのです。

このようにPlay’nGoのスロットには設定が存在します。(Red TigerNoLimitCityにも設定があります)


Play’nGoは超人気ゲームが多数あるので、カジノ側で低設定を置いていることもあります。怖いのは、そのカジノで1機種見かけたら、ほか全てのPlay’nGoの機種も設定が低くなっている可能性が高いです

ベラジョン、インターカジノ、遊雅堂、カジ旅、カジノミー、では通常設定で遊べます。
*一部通常の設定でない機種もあります。

スロットを遊ぶ際はRTPを確認してから遊ぶようにしましょう。また、遊んでいて資金の減り方に異変を感じたときはRTPを確認するクセをつけましょう。

調べて実際に設定が低かったときは他のプロバイダーのスロットで遊ぶことも考えましょう。
講座の一番下では設定機能がないプロバイダーを紹介していますので参考にしてください。

RTPの「無表示」

ここまではPlay’nGoの機種のRTPには「通常」と「低設定」があることを説明してきました。

実のところ、やっかいな設定があります。それが「無表示」です。↓をご覧ください。

同じムーンプリンセスの説明書きなのですが、同じ説明欄にRTPの表示がありません。

この場合、「通常」と「低設定」のどちらかが入っているのかわかりません。なので遊ぶ際には注意が必要です。最低額で様子を見たり、初心者の方は避けておくのもよいでしょう。

補足:カジノのライセンス規定では、ビデオスロットの設定を公開することに決まりがありません。なので、RTPを表示しないこともできます。

*Play’nGoには設定があります。全部で5段階あって、96%台~88%台(約2%刻み)です。「無表示」で隠しているカジノは88%の設定を入れている可能性もありますので、特に注意しましょう。

設定がないことで知られているプロバイダー

最後にスロットにRTPの設定差がないということで知られているプロバイダーを紹介します。
低設定を看破したとき」や「無表示」のカジノだったときに、下記のプロバイダのスロットで遊んだり、ライブカジノで遊ぶという選択肢を持つようにして、切り抜けるようにしておきましょう。

  • Big Time Gaming
  • Microgaming
  • Quickspin
  • 4ThePlayer
  • ElkStudios

筆者がQuickspinをよく使っているのは、ゲーム性やトークン機能のほかに、どのカジノで遊んでも設定差がないということを知っているからです。
勝ちやすいスロット QuickSpin社を知っているかな?

まとめ

ビデオスロットを最初に遊ぶときはRTPを調べてから遊ぶようにしましょう。日本人に大人気プロバイダーのビデオスロットには「通常」「低設定」「無表示」がありますので、必ず確認してから遊びましょう。こういうちょっとした差が、大きな勝敗の差を生む要因になります。

オンカジのビデオスロットについて基本的な内容を解説

最近のコメント

    初心者のためのオンカジ講座
    error:Content is protected !! Report to google
    タイトルとURLをコピーしました