【解説】オンカジ初心者向け 出金トラブルについて未然に問題解決

入出金トラブルを未然に解決一般講座

オンカジ初心者にとって出金処理はとても気になるものです。ちゃんとした手続きを踏んでいれば、オンカジでは問題なく出金できます。しかし、何か問題が発見された場合は、その問題が解決されない限り出金されることはありません。

ここではオンカジからの出金トラブルについて、初心者の方によくある出金トラブルについて説明をしていきます。これを読むことでオンカジでの出金に関する基本的なルールが分かるようになり、出金トラブルが未然に防げます。

出金処理申請ができる前提条件

まず、オンカジから出金するときには基本的に2つ前提条件がありますので詳しく解説します。

1. 本人確認書類は提出済みで、すでに認証されていますか?

出金申請をするには通常は事前に本人確認書類の提出が必要です。書類の認証作業は担当部署で審査するので2~3日程度かかることもあります。さらに書類や画像形式の不備があると認証作業が遅れますので、できれば新規登録した時点で本人確認書類の提出をしておくことが理想的です。

注意点としては、お金は本人名義の口座(銀行・ヴィーナスポイント・エコペイズほか)へしか送金できません。たとえ家族名義の口座であっても、本人情報と一致していない口座へは出金処理はできません。

本人確認書類で提出する書類について、どのようなものが必要なのかについては別の講座で解説しています。

本人確認書類の提出で失敗しないために用意しておくもの全解説

本人確認と出金申請の例外

例外1:運営会社が同じ(系列姉妹カジノ)の場合、すでに認証が済ませてあるカジノが先にあったら本人確認書類の省略ができることもあります。 実際できるかどうかはサポートチャットで問い合わせする必要があります。これができた場合は認証までの時間が短縮できます。

例外2:累計$2000ドル以下の少額出金では本人確認書類の提出なしでも出金できるオンカジもあります。ただし累計$2000を超えた出金で必ず本人確認しますので書類は揃えておきましょう。  

2. 入金額と同等額以上を遊びましたか?(ターンオーバーについて)

教えてラッキー先生
ベラジョン公式ツイッターより。最大手のベラジョンでも注意を呼び掛けています

オンカジのルールでは、入金額と同等額以上を遊ばないと出金できません。
もし、$100ドル入金したら$100分以上を遊ばないと出金できないというルールがあります。

オンカジの用語としては、ターンオーバー(ロールオーバー)1倍と表現することもあります。

「ベラジョン」「インターカジノ」「遊雅堂」をはじめ、「カジ旅」「ラッキーニッキー」「カスモ」など、大多数のオンカジではターンオーバーは1倍のルールを採用しています。 オンカジを遊んでいる人はみんな知っていることなのですが、オンカジ初心者の方には馴染みがないため、トラブルになりやすいです。

オンカジでは「入金額同等額以上」遊ばないと出金処理をしてくれません。
遊ばない状態で出金処理することは「ルール違反」になります。

少数のオンカジ(悪質カジノを含む)ではターンオーバーの規定が入金額の最低3倍、5倍以上を賭けないと引き出せないルールを利用規約に定めています。(このような規約のあるオンカジについては「初心者向けカジノ」として当サイトでは紹介していません)
オンカジのRTPが約97%といっても、5倍も賭け続けると、0.97×0.97×0.97×0.97×0.97≒85.87%になってしまいますので、かなりプレイヤーに不利になります。また、5倍以上を賭けていないという理由でアカウントを凍結し、勝利金没収のうえで一方的に閉鎖されるというトラブルが初心者の方に相次いで起きていますので注意しましょう。
 

仮に$100入金して$80分しか遊ばずに出金申請するとどうなるのか?

「入金額同等額以上」 遊ばないで出金申請すると、通常以下のような状態になります。

  1. 出金手続きをしても翌日には出金申請が解除されている。
  2. メールなどで$100まで遊ぶように注意、警告がある。
  3. アカウント凍結(「ルール違反」を繰り返しているような場合)

このようにならないようにするには「ゲーム履歴」などからゲーム累計額などで確認して出金するようにしましょう。または自分で記録をつけるのも良いでしょう。
サポートチャットで調べてもらうこともできます。

何か知らぬ間に禁止行為をした可能性はありませんか?

出金がされない理由の1つに、しらないで「やってはいけないこと」をしていた可能性があります。特に多いのは、家族名義の銀行口座への出金申請をして認証できずに留められるケースです。各カジノで共通する致命的な禁止事項がいくつかありますので押さえておきましょう。

オンカジでやってはいけないこと(禁止事項10選) 

 

オンカジ初心者で実際によくある出金のトラブル例

入金不要ボーナスの場合

入金不要ボーナスを 賭け条件額クリアして$300まで増やしたけど、出金が$100までしかできなかった

→入金不要ボーナスは、通常出金できる金額があらかじめ制限されていますので覚えておきましょう。入金不要ボーナスは「お試し」でしかありません。

 

入金不要ボーナスをもらって賭け条件額をクリア。$100引き出そうとしたら入金実績がないと引き出せないと言われた

→これは「入金不要ボーナスあるある」です。「入金実績が必要」なときは最低額でもいいので入金して遊んでから出金をします。

オンカジでは、まったく初めてのプレイヤーに、無償でお金を配る行為はしていません。

入金ボーナスでのトラブル

入金ボーナスをもらってから、ずっと遊び続けているけどまったくボーナスの出金条件が減らない。なんで?

一般的なオンカジは「分離型」のボーナスになっています。その場合、リアルマネーが全部なくならないとボーナスの消化計算が始まりません。

入金ボーナスで失敗しないための3種類のボーナスタイプについて(分離型・一体型・ハイブリッド型)

出金限度額規定によるトラブル

$25,000も当たったから全額を出金申請したのに、3日経っても出金してくれない。詐欺か?

詐欺ではありません。通常のオンカジでは$10,000以上の引き出しには規約上で制限がかかっていることが多いです。まずは利用規約で出金の項目を確認するか、サポートチャットで問い合わせしてみましょう。全額を1度に出金するのではなく、何回かに分けて出金すれば手続きは可能です。

(下はベラジョンの出金限度一覧:2021年4月時点)。(1か月間での引き出し限度額がある場合もあります)

出金限度額一覧
オンカジには必ず1回で可能な入出金の限度額が定められています。

オンカジから自分の指定銀行へ出金手続きしたが、4日経つのに着金が確認できないから心配。

→銀行送金手続きは、オンカジの所在する国から出金手続きをします。2営業日(土日祝を含めない平日)で処理が完了することが多いようですが、いくらオンカジ側で事務手続きを迅速に行っていても、時差や金融機関の営業日の都合で(土日祝は休み)処理が遅れることがあります。

出金処理をキャンセルできるなら、ヴィーナスポイントやエコペイズなどを利用すると着金を早くすることができる場合があります。

まとめ

出金トラブルになる内容についてまとめました。すべてではありませんが、オンカジ初心者の方がよくやってしまうトラブルなので、覚えておくとよいです。

コメント

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました