オンカジ紹介サイトを使って失敗しないためのサイトの見分け方5点

ogp一般講座

近年、オンカジプレイヤーが増加し、オンカジ紹介サイトも結構たくさんあります。

一見すると非常に凝った作りのサイトも多いですが、なかには業者が作ったまま2、3年放置しているようなサイトもあります。

古くなった情報によって、本来もらえるはずのボーナスがもらえなかったり、すでに廃止したサービスを現在でも紹介し続けているといったことが発生します。

オンカジをやったことのない未経験者が、事実に基づかない内容を根拠のない断定だけで書いたサイトも多いためプレイヤーも見分け方を知らないと、様々な不利益を被ることになってしまいます。

これから紹介サイトの見分け方について、5点を説明します。各内容については、さらにポイントを細かく解説していきます。

これを読むことにより、初心者の方が、使ってはいけないオンカジ紹介サイトを見分けるコツがわかるようになります。

まともに遊んだことのない人が紹介をしているサイト

  • ①情報が入金方法とボーナス額だけのようなサイト
  • ②デモモードの使用を隠して、煽るサイト

紹介サイトの大半はただの広告業者が多いため、オンラインカジノの紹介で機能や内容が詳しく掲載していないサイトは随所に上記の特徴が出てきます。

それを前提に読まれると、①と②の内容はすぐにわかると思います。

見分け方のポイント① 「情報が入金方法とボーナス額だけ」

数多くのオンカジを紹介していても、 肝心なカジノの使い勝手に関する内容の記載がなく、「入金方法とボーナス額」が書いてあるだけのようなサイト初心者の方にはほとんど役にたちません

このようなサイトは、設立後放置されていることも多いため、期限切れのボーナス情報が多いのも特徴です。期限切れのボーナスでオンカジに登録しても残念ながら特典はつきません。何ももらえないこともありますので注意しましょう。

特に多いのは、更新日だけ変更して放置しているサイトです。

筆者は期限切れボーナスで幾度となく嫌な思いをしました。そして嫌な思いをした精神状態でオンカジ始めると負けやすくなります。

見分け方のポイント② 「デモモードの使用を隠して煽る」

上はハワイアン・ドリームというパチスロ風スロット。左上に「デモモード」と書いてあります。

まともに遊んだことが無い方々の紹介記事やプレイ動画では、デモモードを加工して本物を装いますので注意が必要です。紹介サイトの画像やプレイ動画の8割程度はデモモードとまで言われています。



こんな感じに「$5,328」大勝ちしたかのようにできるのです。

見破る方法としては、このプロバイダーの機種に関しては左上にIDがないものは全てデモモードと思って良いです。注意して見分けましょう。(このIDはプレイヤーの固定番号ではないのでプレイするごとに変わり続けます。)
「デモモード使用」と掲示していないサイトを利用していると、本来の遊び方ではない、険な遊び方をすすめられるようになりますので気を付けてください。

デモモードの特徴

デモモード2
Book of Deadのデモモードは残高が最初から $1,000,000の大金で入っています。右にある「リアルマネーでプレイ」表示もデモモードであることを示しています。

それではデモモードに惑わされないように、デモモードの特徴を解説します。

残高が不自然に多い

まず、デモモードは試用のためのモードなので、起動したときに残金が大金で入っています。おおむね、10,000ドル、5,000ドル、といったキリの良い数字で入っています。

カジノへの1回の入金限度額は通常5,000ドルまたは10,000ドルまでです。ですが、大多数の人は資金がなければ大金を入金して遊ぶことはまずないでしょう。

サイトの画像に、カジノ内の残高しか表示していない

デモモードはリアルマネーではないので引き出せません。つまりベガウォレットやエコペイズ等に引き出した画像を1つも付けていないような場合は、疑問に思いましょう。

「カンタンに稼げる」とか「入金の上限額が高い」などと言って、写真のような残高を使います。

そして札びらを切った画像を載せて煽ることが多いです。

初心者向けではないカジノを一押しで紹介するサイト

  • 出金条件が厳しいカジノを初心者向けとしてと表記されている場合
  • フィリピンライセンス単独取得のカジノ【重要】
  • ベラジョン・インターカジノ・優雅堂の取り扱いだけがないサイト

一般的なオンカジは、初心者から上級者まで幅広い客層に向けたサービス対応をしてくれるものですが、上級者にしか対応をしないカジノがあるのも事実です。

特に初心者の方の場合は、オンカジのルールについてよくわからない中で、カジノについて様々なことを覚えていくことになります。
ルールは、悪意がなくても破ったら即ペナルティになってしまうこともあります。

上級者向けのカジノの場合はプレイヤー側への特典やサービスが非常に多い分、ルールでの基準やペナルティが厳しいです。

それでは初心者には向かないオンカジ紹介サイトの見分け方のポイントを書きます。

見分け方のポイント 3点

「カジノ〇〇〇〇〇〇」

まず、1点目は、「カジノ〇〇〇〇〇〇」というオンカジを根拠なく初心者に一押しするサイトは利用を避けましょう。伏字にしておきます。秘密です

とにかく出金条件が厳しすぎるので初心者プレイヤーにとってはリスクが高く、とても初心者向けではありません。

どういうオンカジかというと、普通のオンカジは100ドル入金した場合、100ドル分以上遊べば引き出しができるのですが、「カジノ〇〇〇〇〇〇」というオンカジだと、利用規約に最低でも入金額の5倍以上遊ばないと引き出しできないと書いてあります。入金額の5倍を遊ばずに間違えて出金申請すると、不正扱いで全額没収のうえでアカウントが閉鎖されてしまう危険性があるオンカジです。

利用規約を読んでみて、上記の条件が記載されていたときには注意が必要です。

フィリピンライセンス取得だけのカジノを紹介するサイト【重要】

フィリピンがオンラインカジノ175社営業停止、中国人社員送還へ(見出引用)

ロイターより2022/9/27:https://jp.reuters.com/article/philippines-china-gambling-idJPKBN2QS002

2点目はフィリピンライセンス取得のみで営業しているカジノを紹介するサイトです。
こちらは直近で非常にリスクが高まっています

オンカジは各国でライセンスを取得して営業していますが、取得審査が厳格な国と、そうでない国がはっきりします。

「キュラソー」や「マルタ」といったオンカジのライセンスは古くからあるので、審査基準やノウハウが蓄積されています。その一方でフィリピンライセンスについては、オンカジに参入したのが2016年で、当初から審査基準が甘いことで知られています。(比国議会証言等あり)

審査基準が甘いので、カジノの資金や役員等も不透明であることもあったり、顧客管理や入出金管理が甘く出金拒否のトラブルに遭う可能性もあるので、初心者の方は利用を避けましょう。
 

【重要】カジノライセンスの見分け方について

2022年1月にもフィリピンライセンス単独取得のオンカジが、利用者多数に対して突如出金拒否を行い、2日後に営業を撤退して一部騒ぎになりました。その後全員出金できたのか判っていません。

フィリピンライセンス取得のみで営業しているカジノ
当時、多くの紹介業者が「優良カジノといって紹介していました。


ベラジョン・インターカジノ・優雅堂の取り扱いだけがない紹介サイト

いまは「王者のベラジョン」を倒すべく、様々なオンカジが創設されている群雄割拠な時代なので、1つのオンカジだけにこだわる必要はありません。

しかしながら上記3つのうち、どれも扱っていないサイトについては、初心者向けサイトではない可能性が高いので注意しましょう。

理由は2つあります。

1つはそのサイトが日本語で表示されていても、違う国や地域用に作られたサイトである場合です。もう1つは、わざと最大手のオンカジを紹介しないこだわりの強いサイトだからです。
上級者向けのサイトと思ってよいです。

情報がまともに更新されていないサイト

  • ベラジョンカジノ、インターカジノの取得ライセンスが「マルタライセンス」と表記されている場合。

特に2019年以降、オンカジでは企業買収などで運営者の変更や、カジノでの機能拡張が頻繁に行われるようになりました。最近のオンカジはサイトや機能変更のサイクルが短くなっています。

そのなかでもベラジョン系列(ベラジョン、インターカジノ、遊雅堂)では機能の拡張や変更が目まぐるしく行われており、およそ1~2か月で大きな変化が起きています。

すべてではありませんが、2022年だけでもベラジョン系列だけで以下のことが実際に行われています。(変更の一部)

サイトデザインのリニューアル準備(22年2月)

サイトデザインのリニューアル(22年4月)

キュラソーライセンスの発行機関の変更(9月) 1668/JAZ→8048/JAZ

サイトデザインのリニューアル(10月)

このほかにも細かいマイナーチェンジが行われています。なのでベラジョンの情報に関しては、6か月間も情報の更新がされていなかったら、とても古すぎて使えません。

それではその見分け方についてポイントを説明します。

更新されていない見分け方のポイント

前述していますが、ベラジョンカジノのライセンスの説明について、「マルタライセンス」と紹介しているサイトは記事の信頼性が著しく低いので他のサイトを見るようにしましょう

何故信頼性が低いのかというと、ベラジョンは2020年の初頭に「マルタライセンス」から「キュラソーライセンス」に切り替えているからです。つまり2年近くまともに情報が更新されていない可能性があります。

この時の背景としては「親会社と運営会社が変更」になっていることと「仮想通貨」での入出金を始めるうえで当時の「マルタライセンス」では取り扱いが認められていなかったことによります。

当時は「ゲームシスグループ」*というロンドン市場上場会社の子会社になり、ライセンスがキュラソーに変更され、ベラジョンもインターカジノも仕様が大幅に変更された経緯があります。

*2021年10月、買収によりベラジョンの親会社が変更。 
現・バリーズコーポレーション NY証券取引所上場会社

とは言っても、「ただ書き忘れただけなんじゃない?」と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、邦人のオンカジ利用者の8割程度が「ベラジョン」を使っているんです。Σ(゚Д゚)

そんなオンカジ最大手の重要情報を書き忘れることはまずありません。

あと、カジノの紹介情報で「永久保存版」とか、「-年度版」などと書いてあるものは情報が古い可能性がありますので注意して内容を確認しましょう。

情報が古いとどうなるのかについては一番下の項目に掲載してありますので参考にしてください。

でどころの判らない金品を配って勧誘するサイト

出所の判らない金品を配って勧誘するサイ

実はこれが一番危険です。

  • お金をあげるから、カジノにアカウント作って入金してよ
  • ギフト券をあげるからカジノにアカウント作ってよ
  • アカウントを買い取りします
  • 有料(無料)で代打ちします
  • お金を無償で貸します。もし勝ったときは返してね

世界ではオンラインカジノを取り巻く規制環境の変化に伴い、プレイヤーだけでなく、紹介者へのコンプライアンスが厳しくなっています特に厳しくなっているのはマネーロンダリング(資金洗浄)についてです。

カジノではアカウントを新設する人に「賭け条件付きのボーナスマネー」や「フリースピン」をプレゼントすることや、「販促用のグッズなど」をプレゼントすることはあります。

ベラジョンカジノ 販促用グッズ
販促グッズの例

ですが、勧誘目的のために「対価として金品を配ること」はありません。

【例】

  • $100ドルあげるから、カジノにアカウント作って入金してよ
  • 〇〇ギフト券を〇万円あげるからカジノにアカウント作ってよ

たとえば、上記例のような勧誘方法をカジノでは一切やっていません。もしオンカジ紹介サイトが直接金品を配って勧誘しているのなら、それはマネーロンダリングの意識が欠如した業者なので、使ってはいけません。

そのほかには、他人のアカウントを使って代打ち行為をすることも、代打ち行為を依頼することも、カジノでは禁止していますので参加してはいけません。

さらに、アカウントの買い取りをしているサイトについては、マネーロンダリングが濃厚となります。カジノからの制裁対象などにもなりますので避けましょう。

カジノへ通報しても構いません。

金品をSNSなどで配る業者や個人などもありますが、「アンケート」や「カジノの公式」などでもらうものではなく、紹介業者や個人が単独で行うものについては特に注意しましょう。

それはオンカジに限らず現金やギフト券やポイントを配ることで、マネロンや脱税、あるいは個人情報をだまし取ること目的にしている可能性もあるからです。

安易にもらうと「金融犯罪」に巻き込まれやすくなります

知らず知らずに巻き込まれてマネロンの片棒を担ぐことを「マネーミュール」といいます。
日本でもマネロン規制が強化されますので巻き込まれないようにしましょう。

お金配りには参加しない

心配な時は、もらう前にカジノの公式かどうかをカジノのサポートなどに問い合わせましょう
カジノへの問い合わせ ご報告いただいたサイトについて確認させていただきます。
心配なときはカジノに問い合わせすると、
内容によっては上記のように調べてくれます。

ちょっとした手間を惜しまないことがあなたの身を守ります。

*当サイトでは、いっさい金品を配っておりません。

マネロンに巻き込まれたらどうなるの?

最近、SNSでの「お金配り」を背景とした詐欺事件が続発しています。概要欄に記事の外部リンクを添付します。添付の記事には具体的な口座の詐取する手口まで記載されていますので、確認をしておくと良いでしょう。

お金を騙し取られるのではなく、口座情報を騙し取られます
そしてそれが最も危険です。

「アカウントの買い取り」や「お金配り」に参加をして口座情報をだまし取られた場合、あなたが知らないうちに不正利用されて、他人のお金を出し入れする目的に使われてしまいます。

カジノだけでなく、ペイメントや金融機関に検知されて、関係当局に通報されることになります。「加害者」として捜査されることになってしまうので大変なことになってしまいます。

なので公式カジノが協賛しているサイト以外からもらうことは避けましょう。

ベガウォレット内の警告イラスト

マネロン警告
           
            (例はベガウォレットですが、カジノやペイメント、金融機関でも同じ対応をします

Amazonギフト券などマネロン規制、金融庁 (見出し引用)

https://newspicks.com/news/6464549/
マネロンについてはカジノに限ったことではなく、2022年2月末に起こった世界的な出来事がきっかけで、世界中の国々の様々な業種で警戒しています。

お金の貸し借りに関して

SNS上でお金の貸し借りについて見かけることがありますが、じつは無償であっても、貸金業にあたる可能性が高く、無登録者が行っている場合には貸金業法違反が濃厚です。

個人を装ったヤミ金の可能性もあります。個人間金融は利用しないようにしましょう。

モノやサービスを分けあって使う時代ですが、その感覚でお金の貸し借りをするのは非常に危険です。

SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!(金融庁)

https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/kinyu_chuui.html

オンカジの副業詐欺について

2022年に入り、オンカジを悪用した「副業詐欺」が横行しています。オンカジの紹介サイトで「副業できる」とか「絶対勝てる」と見かけたときは、そのサイトの利用を避けた方が良いでしょう。
「攻略ソフト」や「自動ツール」と呼ばれるソフトウェアやデバイスの使用を推奨したり販売するようなサイトも同様です。

その理由はオンカジは副業にはできないことと、「攻略ソフト」や「自動ツール」も使用が禁止されているからです。詳しく知りたい方は別講座で詳細を解説しています。

つまり、オンカジの副業詐欺のやろうとしていることの本質は、

利用者をだましたうえで、利用者にカジノで明らかな詐欺(不正行為ゴト行為)をさせること」です。

 オンカジは「副収入にはなるけど、副業にはできない」理由を解説

 STOP!オンカジ攻略ソフトや自動ツールにはだまされない

検索エンジンを騙すサイト (スパムサイト)

検索エンジンを騙すサイト

検索エンジンを騙すサイトは「オンカジ詐欺業者」がよく使う手口です。
とくに、有名サイトを偽装していて、クリックするとまったく別のおかしなサイトへ飛ばされたり、情報が抜かれる危険性があります。

 
・ドメインに違和感を感じるサイト
・サイトのタイトル名とドメインを見比べて、
何の関連性も無いサイト

*無理やりドメインとサイト名を寄せているものもあります。

前述してきた内容にも関連しますが、「まともに遊んだことがない業者」や「詐欺業者」などは、オンラインカジノについての知識や経験や情報が少ないので「スパム行為」や「お金配り」で検索上位にあげる行為を行っています。

恐ろしいことに全体の半数以上がこれです。

つまり人気や、情報の品質や、活動が評価されて上位表示されているのではなく、

「 検索エンジンと読者からの信頼を騙して」さも、人気や情報力があるかのように装っているだけのサイトが多数あるのです。

wayback machineを使ってみる

wayback machineを使ってみよう
waybackmacineより 赤枠のところに気になるURLを入力すると下のような画像が表示されます。

それでは、見分けるための対処方法の一例を挙げます。

お使いのサイトのことが気になる方は、wayback machine」というアーカイブサイトでURL検索をかけてみましょう。そうすることで対象のサイトを時系列で見ることができます。
wayback machine“もしくは”http://web.archive.org/“でサイトに行けます。
このサイトはウィキペディアにも掲載されている世界的なサイトです。

検索を実行すると、下のような画像が出てきます。

wayback-machineの説明
wayback machineでURLを検索したときの例です。スパムサイトでなければ昔と現在とを比較しても大きな差はありません。 
*画像内容はスパムサイトとは関係ありません。

画像の棒線箇所は、当時の画面がキャプチャーされていますので、画面情報を呼び出せばサイトの記録が確認できます。不自然にキャプチャーされていない期間のあるサイトは何らかの理由でサイトを閉鎖している期間がありますので、前後のキャプチャー画像を比較してみましょう。

もし呼び出した情報が現在とまったく関係ない画像だったときは、スパムサイトの可能性があります。

このwayback machineを使うと、ある程度は目視だけで判別することができます。

欠点としては設立後3か月程度しかないサイトの場合だと記録がされてないことがあります。

waybackmachineその2
設立間もないサイトの場合、アーカイブが出ないこともあります。

なのですが、そのような記録や実績のないサイトが不自然に検索上位にあるときには、やはりスパムサイトの可能性が高くなりますので注意してください。

検索がうまくできなかったときは

wayback macineでうまく検索できなかったときは、そのほかの方法としてGoogleの検索窓に直接サイトのURLを入力して調べる方法があります。
こちらはGoogleに登録されている記事が新着順で表示されます。

オンカジスパムサイトの手口

スパムサイトの1つ、フィッシングサイト。お金配りに参加して個人情報を抜き取られるとその後メールやSMSなどから偽企業のログインメールが頻繁に届くようになるので注意です。

オンカジのスパムサイトのおもな手口としては、配信が終了した「有名サイト」のドメインを入手してその企業や団体のサービス名やブランドを無断使用し、社会的信用がある状態を偽装してサイトを立ち上げます。
そのため、サイトのタイトル名とドメインに何も関連が無いことが多いのです。

さらに国内・海外の政府機関や地方自治体、上場会社などのHPをハッキングしてサイトへリンクさせて信用力を粉飾していきます。(リンクスパム)

信用力の高いサイトはGoogleでは上位に表示される傾向があります。

そのため質の低い情報サイトでも検索上位に上がってしまい、それを知らないオンカジの初心者の方だけが質の低い情報をつかまされてしまうのです。

この手口は2018年頃から流行り、役所や学校などに設置してあるリンクページから開くと、オンラインカジノの紹介業者のページに飛ぶといった詐欺サイトのようなものが、現在も多数存在しています。

「.jpの信頼性確保して」──総務省、JPRSに要請 タイトル引用

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/26/news103.html より

現在ではGoogleのAI技術が格段に進歩しておりスパムサイトは積極的に排除されています。2021年8月に多少スパムサイトは減りましたが、現在も多くあります。

わざわざ気持ち悪いサイトを使っていても良いことは1つもありません。なのでスパムサイトの見分け方は覚えておきましょう。

スパムサイトを使うと何が問題なのか?

前述しましたが、スパムサイトの目的は「サイトを意図的に上位表示させること」または、「個人情報をだまし取ること」が主目的になっています。

デモモードで高額配当を偽装して読者の心理を煽り立て、オンカジでやってはいけないことを「できる」といって勧誘するのです。
さらに詐欺業者はオンカジ本来の目的である「娯楽・レジャー」での利用をさせないように誘導します。

間違ったことを覚えたオンカジ初心者の方は、知らない間に普段から禁止行為をしているので、カジノとのトラブルに巻き込まれやすくなります。ゆくゆくはカジノからアカウント凍結や出禁処分を受ける可能性が高くなります。

せっかく勝っても、不正と見なされてしまったら没収されてしまいますので何にもなりません。

そうならないようにするために、正しいルールや、ライセンス、入出金、について覚えましょう。

ライセンスは自分の目で確認すること

ベラジョンカジノライセンス
2022年9月からのベラジョンカジノのライセンス

最後に、紹介サイトの中にはカジノライセンスの情報まで記載されているサイトもありますが、その情報が古かったときには大変なことになりかねませんので、ご自身でライセンスを確認してから利用しましょう。

ライセンスを確認しないと何が危ないのか

カジノライセンスは国や政府機関等が発行したカジノの営業許可証です。不備があるということは、許可されていない状態かもしれないのです。

つまり違法カジノとして営業しているかもしれないということです。ライセンス機関がカジノを監視していない状態とも受け取れます。

それだとゲームのイカサマをしている可能性もありますし、カジノが出金拒否するなど、やりたい放題なんでも不正ができてしまいます。

そこで、実際にどういう表示がされたときに危ないのかについて提示します。

マルタライセンスの場合(異常時)

マルタライセンスのライセンス切れで表示される画面の例。

まず、マルタライセンスでの例です。とあるカジノでライセンスを確認しようとしたところ上の画面のように、ライセンスを証明できないと表示されました。
このオンカジのライセンスが現在どうなっているのかわかりませんが、このような表示がされたときには、ライセンスに不備がある危険な状態ですので、利用を避けましょう。

キュラソーライセンスの場合(異常時)

アンティレフォン無許可ライセンス
こういうオンカジも実際にあるのです

残念なことにいずれもGoogle検索で上位表示されている紹介サイトから紹介先のオンカジに行ってみたところ見つけました。ライセンスの確認をしておかないと、危ない目に遭うことがありますので気をつけましょう。

まともに更新がされていないサイトの情報を使うと、「期限切れのボーナス情報」のほか、「すでにやっていないサービス」、「すでに撤退したオンカジ」、最悪は「ライセンスのないオンカジ」を紹介している可能性があるので情報をあてにできません。

まとめ

  • 「入金方法とボーナス額」が書いてあるだけのサイト
  • まともに遊んだことのない人が紹介をしているサイト
  • 初心者向けでないカジノを初心者向けとして一押ししているサイト
  • でどころの判らない金品を配って勧誘するサイト
  • 検索エンジンを騙すサイト
  • ライセンスは自分の目で確認すること

こういう紹介サイトを使うとプレイヤーが不利な条件で遊ぶことになりますので注意しましょう。

初心者のためのオンカジ講座 ホームに戻る

 

最近のコメント

    初心者のためのオンカジ講座
    error:Content is protected !! Report to google
    タイトルとURLをコピーしました