オンカジは「副収入にはなるけど、副業にはできない」理由を解説

一般講座

本業がある人にとっては「副業」として副収入が得られたらいいですよね。(^^)

SNSやネットなどを見ていると、オンカジが魅力的な「副業」になるかのように書かれてあるのを見かけます。では、副業になるのでしょうか?

この記事を読むことで、オンカジは 副収入にはなりますが、副業にならないという結論とその理由について理解できます。

そもそも副収入と副業とは?

「副業」という言葉については、日本の法律上ではきっちりとした定義はされていません。なので、とても曖昧な言葉です。

世間一般で言われていることを考えてあえて定義をしてみると、

  • 副収入‥‥広い範囲で本業以外の収入を指す。
  • 副業‥‥副収入を得るために行う、本業以外の就労や事業のこと。

ではないでしょうか?
なので、「本業以外の就労や事業」という点からオンカジは副業になるのか?を説明していきます。

オンカジが副業にできない理由

早速で申し訳ないのですが、オンカジが副業にできない理由は2つあります。

1.そもそもオンカジが定めた利用目的ではないから

オンカジで副収入を得られても、副業にできません。

このサイトをご利用の方々はすでにご存じですが、各オンカジではプレイヤーに利用規約を定めております。

利用者もオンカジも守らなくてはいけない規約のなかに、

「使用目的はレジャー・娯楽であること」または「オンカジは必ず個人利用で、職業目的ではないこと」に類する文言が全カジノでしっかり明記されています。

副業禁止
ベラジョンの利用規約2.1.4より 「楽しみや娯楽目的のみ利用可能」です。

そうなると、副業(職業目的)は利用規約違反になります。

 初心者向け オンカジの遊び方参考:そのほかのカジノの利用規約抜粋

疑いがかかったり、バレるとアカウントの強制閉鎖や勝ち金の没収などにもなりますので、やってはいけません。利用規約違反という点で、そもそもオンカジは副業にできません。

「オンカジが副業になるよ」と言っている人達は、実際にオンカジで遊んだことがない人たちか、規約を読んでいないか、理解力がないのか、誤った利用方法でそそのかしていることも考えられますので、ご注意ください。

紹介サイトがオンカジをまともに遊んでいないと、レベルの低い情報によって、おかしな遊び方や知識を植え付けられてしまいます。それはのちのちカジノとのトラブルに発展しますので注意しましょう。重要なことはだいたい利用規約に書いてあります。

オンカジは致命的な禁止事項がいくつかありますので、ご存じない方は下の関連講座をご覧ください。

オンカジでやってはいけないこと(禁止事項10選) 
オンカジは通常に利用していればトラブルなく遊んでいられますが、いくつかの禁止行為がありますので説明と解説をしていきます。誤って禁止行為をしてしまうと、厳しい措置がとられてしまう場合もありますので、気を付けましょう。この記事をよむことでオンカジの禁止行為について理解でき、トラブルを避けられるように なります。

では、職業かどうかの判断は一体どこでされるのか?

それはずばり、入出金履歴とプレイ履歴からです。

特に毎回入金した金額を最初からテーブルゲーム等で全額ベットする遊び方(オールイン)をやっているような場合や、1.5倍未満の配当の低いゲームにまとまった金額をベットし続けるような遊び方は疑われたり、没収のリスクが高まります。

ここまで、利用目的が規約に反しているので「できない」ことを説明してきました。

2 オンカジを副業にしても、経費はほとんど認定されない

本来「利用規約違反なので副業にできない」で終わりの話なのですが、仮に職業目的の場合で副業にできるのかを説明していきます。

この場合、個人または法人で事業を行うという考え方になると思います。

事業なので、利益がでたときには確定申告と納税が必要となります。

ギャンブルで得た所得を確定申告するときに、「年間で勝った金額」から「年間で負けた金額」経費として差し引けるなんて思っていたら大変です!

例えば競馬、競輪、競艇などの場合と同じで「一時所得」になるので、「事業所得」や「雑所得」のような損益通算はできません。

国税庁からダウンロードできる公営競技の所得計算書をみるとわかりますが、経費の範囲としては「当たり投票券の購入費用」だけになります。

国税庁HPより:一時所得の計算書には、ハズレ投票券は経費の記載ができないことがわかります。

「一時所得」とはギャンブル全般で得たときの所得区分です。一時所得では損益通算(勝ち金-負け金)ができないので、オンカジでも、所得ほぼ全額に税金がかかります。(年間50万円の控除額あり)

過去に「ハズレ馬券は経費になるのか?」という裁判が数回ありましたが、 ハズレ馬券が経費として認められたケースはあったものの、現在でも、なかなか経費として認められることはありません。(計算書を参照)それは、オンカジでも同じことが言えます。日本ではギャンブルを事業とするためのハードルがものすごく高いのです。

事実上、オンカジを「副業」にはできないと思ってよいでしょう。

経費認定されるためには最悪、個別に裁判をして、「計画性と計算に基づいて長期間、回収率が総体して100%超えるように、大金を運用した」ことを証明する必要があります。

年間50万円の控除額内なら確定申告不要

除額内なら確定申告不要

当サイトの副タイトルが「趣味ではじめて年間50万勝つ!」となっている理由は、ここにあります。手軽に遊んで無理のない範囲で収入を得ることを目的にしています。

もし、オンカジで数百万稼いで、それを全額所得にしてしまったときはカンタンです。税理士に相談して、確定申告すれば良いだけです。

*その場合でもヴィーナスポイントやエコペイズといったe-walletから決済したほうがよいと思います。

  オンカジからの出金について ヴィーナスポイント(Venus Point)(関連記事)

一般のサラリーマンなら、年間90万円まで確定申告不要

一般的なサラリーマン(給与所得者)の方は、給与以外にもらった所得が「一時所得」に該当する内容だけなら、年間で90万円を超えなければ、所得税の確定申告は不要です。

その理由は、給与以外の所得金額が年間20万円まで確定申告不要となっているからです。

でも、50万円と20万円なら70万円じゃない?と思われますが、一時所得の税額計算では、50万円を上回った金額分には、1/2を掛けた金額で税額計算することとされています。なので、給与以外の所得が一時所得だけなら所得金額の枠が増えるのです。

その内容については国税庁のHPに一時所得の説明がありますので引用します。

一時所得は、所得金額の計算上、特別控除額50万円を控除することとされており、他の一時所得とされる所得との合計額が年間50万円を超えない限り、確定申告をする必要はありません。
 また、一般的な給与所得者の方については、その給与以外の所得金額が年間20万円を超えない場合には、確定申告をする必要がないこととされており、一時所得については、50万円を控除した残額に2分の1を乗じた金額によって所得税額を計算することとされていますので、他の一時所得とされる所得との合計額が年間90万円を超えない限り、確定申告をする必要はありません。

国税庁HPより引用:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490qa.htm

90万円を超えない限り、所得税の確定申告は必要ない根拠について説明しました。

まとめ

オンカジで副収入が得られても、副業にできない理由は、そもそも「オンカジの利用目的が娯楽・レジャー」に限られているので利用規約違反になるからです。

日本の税制上でもギャンブルで得た所得は原則「一時所得」になるなので、年間の損益通算はできません。

もし事業としてやりたいのでしたら、オンカジではなく、個人または法人で株式運用やFXをすることを提案します。

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました