オンカジでのテーブルゲームのルールと遊び方について(BJ・ルーレット・バカラ)

ogp一般講座

ここではオンカジ初心者の方に、オンカジでのルールと遊び方についてを解説していきます。

この講座を観る(読む)ことで、テーブルゲームの花形である「ブラックジャック」「ルーレット」、「バカラ」について基本的なルールと遊び方がわかるようになります。

テーブルゲームは意外と簡単に遊べる人が多い

テーブルゲーム

これから各テーブルゲームのルールと遊び方について説明などをしていきます。

テーブルゲームについては、遊び方をある程度知っている方のほうが多いことでしょう。

というのは、ゲームセンターのメダルゲームをはじめ、家庭用ゲームやソーシャルゲームなどでもミニゲームとして多少「カジノ」っぽいゲームを遊んだ経験がある方が多いからです。

なので、これらの経験がある方は、その延長上ですぐにオンカジも遊べます。

テーブルゲームが苦手な人にはスキルゲームや、スロットで遊ぶということもできますし、スポーツベットやライブゲームショーなどジャンルもありますので、自分に合った遊び方を探していきましょう。知らないゲームを遊ぶときはRTPを確認するようにしましょう。

オンカジのゲームが苦手な方に、スキルゲームを紹介
...

ブラックジャックのルールと遊び方について

Rocky Casino TVより

それでは、ブラックジャックというゲームをご存じない方や、ルールがよくわからない方は上の動画をご覧ください。内容は実際のカジノでのルールとなっています。

00:26  ブラックジャックの目的とゲーム構成 
00:51  どうやってディーラーを倒すか       
01:31  カードの数え方   
02:40  ハンドシグナル
03:23  ゲーム実演1
03:54  ディーラールール
04:52  ディーラーのソフト17ルール
05:27  プレイする上での大事な3つのポイント
05:58  実演2
07:55  ディーラーのアップカードが6の場合
08:56  実演3
09:54  ブラックジャック
11:33  ダブルダウン  
13:08  スプリット
14:27  インシュランス
16:05  イーブンマネー
16:58  サレンダー
17:45  最後に

https://www.youtube.com/watch?v=-_gJ4-UBcw0より

ブラックジャック(BJ)の基本的な遊び方

ビデオBJ

ブラックジャックは親(ディーラー)と子(プレイヤー)の対面形式で行います。
配られたカードの合計が21に近い方が勝利となります。

プレイヤーには2枚の手札がオープン状態で配られます。ディーラーは1枚が見せ札(アップカード)としてオープンされていて、2枚目は伏せてあります。(または最後にまとめて引きます)

カードは何枚でも引けますが、合計が21を超えた時点で無条件で負けになります。
プレイヤーはカードを「引く:HIT」、「引かない:STAY(STAND)」の選択ができますが、親は17以上になるまでカードを引き続けなければなりません。

BJでの数字のカウントについて

ブラックジャックは数字の合計値で競いますが、特殊な数え方をするカードがありますので、説明します。

■「2」~「9」の場合

2から9のカウントの仕方
数字札「2」~「9」はそのままカウントします。

■「10」「J」「Q」「K」の場合

10」「J」「Q」「K」のカウントの仕方
「10」「J」「Q」「K」についてはすべて「10」としてカウントします。

「A」の場合

Aのカウントの仕方
Aは「1」「11」としてカウントします。

エースにについては「1」としても「11」としても使うことができます。
合計値が11以上のときにエースが来たときは、「1」としてしか使えません。

ブラックジャック(BlackJack)

最初に配られた手札、A「10」「J」「Q」「K」の組み合わせは「ブラックジャック(BJ)」という役で勝利になります。一般的なルールを採用しているテーブルでは配当が上乗せされて戻ってきます。
親がBJのときは親が勝利します。ただし、ディーラーもプレイヤーもBJだと引き分けとなります。

BJの配当は各テーブルに書かれてあります。

  • 「BlackJack PAYS 3 TO 2」と書かれているテーブルでは配当が2.5倍
  • 「BlackJack PAYS 6 TO 5」と書かれているテーブルでは配当が2.2倍
  • 「BlackJack PAYS 1 TO 1」と書かれているテーブルでは配当が2.0倍(上乗せなし)

■ダブルダウン(Double down)

賭け金を2倍にして追加で1枚だけカードを引く賭け方です。通常は相手の見せ札が「5」、「6」などのときや、自分の手札の合計が「9」、「10」、「11」などのときに行います。

■スプリット (Split)

自分の手札が「8」「8」など、同じ数字が2枚のときに、賭け金同額を払って2つの手札に分けてプレイすることを言います。手札「J」「K」などを「10」として分けることもできます。
「A」「A」の時は、分けたあと1枚ずつしか引くことができません。
また、「A」のスプリットで「10」「J」「Q」「K」がきてもBJ勝ちにはならず「21」としてカウントします。

■インシュランス(Insurance)

親の見せ札が「A」のときに、プレイヤーは保険に入ることができます。
INSURANCE PAYS 2 TO 1」と書いてあるテーブルでは、賭け額の半額を使って保険に入ることで、もしBJ負けになっても全額が返金されます。BJではなかったときはインシュランスは没収されます。

オンカジのブラックジャックについて

ここからは、オンカジでのBJについて説明していきます。
遊び方については、基本前述してきた通りですが、

動画内容とオンカジのBJとの違い
オンカジの場合は、ライブカジノでやりたいゲームの種類をロビーから選びます。

オンカジの場合、「ライブカジノ」とというタブがあるのでそれを開くと、各種ゲームのロビーを選択できます。ためしに「ライブ・ブラックジャック・ロビー」を選択します。

ブラックジャックテーブル
ロビーに入るとテーブルを選べます。世界中とオンラインでつながっています。テーブルによって参加できる時間帯や金額が異なります。緑の人型マークは空席ですので押すと着席できます。

そうすると、ライブブラックジャックのテーブル状況が確認できます。ゲームの枠内をクリックするとテーブルに移動します。緑の人型マークを押すと直接着席できます。

ビデオタイプのBJもあります。

ビデオタイプのBJはテンポよくサクサク遊べるのが特徴です。1ゲーム15秒くらいで進みますので、低額でコツコツやるにもはちょうどよいBJです。(

遊び方の違いについて

動画によるカジノのBJと、オンカジでのBJとの違いについて説明します。

  • オンカジではすべてボタンクリックだけで操作をします。ハンドシグナルはありません。
  • ライブカジノでは、カードのHIT、STAY(STAND)の指示は、手番でカウントダウンが終わるまでにボタン操作をします。0になると「STAY」として操作が強制終了します。
動画内容とオンカジBJとの違い
フリーベット BJ(BJ亜種) 特長はダブルダウンとスプリットが「無料」でできます。そのかわりディーラーが「22」の場合「引き分け」という変則ルールが適用されています。$1から遊べます 

ルールの違いについて

 動画内での説明とおおきな違いはありません。補足としては

  • ルールとしてディーラーはソフト17で(1と6の手札)でもSTAYします。(プレイヤーに有利)
  • 「イーブンマネー」の操作は基本ありません。自分がBJのときに「インシュランス」をかける操作で行います。
  • 「サレンダー」については、ほとんどのBJにありません。一部のビデオBJのみ使用可能です。
  • ベーシックストラテジー表を見ながらゲームしてもOKです!(下の図参考)
  • オンカジのBJでは、クラシックなBJ以外にも、変則ルールを使用した(亜種)が多数あります。
  • サイドベットという遊び方ができるテーブルもあります。
  • 参加人数が満席のときでもベットビハインドができます。

    ベーシックストラテジー

横軸がディーラの見せ札、縦軸が自分の手札になっています。交わったマス目が理論上の最適な行動になっており、一目でわかります。
H=HIT、S=STAY、D=DOUBLE、P=SPRITです。

ベーシックストラテジーを使って遊ぶときは、ビデオBJで慣らしてから遊ぶのもおすすめです。

動画でもありましたが、ゲームの状況に合わせて、あえてHITしたり、STAYすることもあります。

遊び方やルールの大きな違いとしては、カジノで使う「ハンドシグナル」がないので、その代わりに自分で操作することが重要になります。

ベットビハインドとは、自分でカードを引かずに、ディーラーに勝てそうなプレイヤーに一蓮托生するベットのことです。

BJのサイドベットとは、おもに自分の手札2枚と、親の見せ札を使い、「3カードポーカー」の役を作るベットです。100倍配当も狙えますが、BJに参加してから追加ベットをしないと遊べません。RTPは95%程度

*サイドベットだけが遊べる「sidebet city」というEvo社のライブゲームもあります。

ルーレットのルールと遊び方について

Rocky Casino TVより

00:29  ルーレットとは
01:01  ルーレットの基本ルール
02:26  ベットの種類と配当 アウトサイドハンド
03:25  ベットの種類と配当 インサイドハンド
04:37  ゲームの進み方とベットの仕方
05:55  ゲーム後のチップの回収、支払い時の注意点
06:33  遊び終えた後のカラーアップ
06:50  最後に

https://www.youtube.com/watch?v=TtpfHKL06jo より

動画の内容とオンカジのルーレットとの違い

遊び方の違いについて

ルーレット

チップの単位の切り替えや、ベットの操作はすべてボタンクリック(タッチ操作)だけで行います。

短時間でベットを操作するため、取り消しボタン繰り返しベット。前回のベット額の2倍にするなどの便利なボタンがあります。

ゲーム開始は画像にあるように、カウントダウンで「0」になると締め切られてルーレットが開始します。

*オンカジのルーレットは低額でも参加できます。

ルールの違いについて

ルーレットの基本ルールについて違いはありません。動画で説明がありましたが、

「0」「00」があるのがアメリカンルーレット。「0」があるのがヨーロピアンルーレットなのですが、オンカジではフレンチルーレットも遊べます。ゲーム検索をするとでてきます。

フレンチルーレット
例:フレンチルーレットにもライブ配信とビデオタイプがあります。(これはビデオタイプ)

フレンチルーレットは、外見はヨーロピアンルーレットと同じで、「0」は1つだけしかないルーレットです。

最大の特長は「赤」や「黒」、「奇数」や「偶数」など1/2のものにベットしたゲームで「0」が出た場合は、ベット額の半分が戻るルールになっています。

非常に初心者にやさしいルーレットですのでぜひ覚えておきましょう。

・ディーラーがいない状態で、全自動でゲームが進行するオートルーレットもあります。

・オンカジのルーレットにはクラシックなルーレットのほかに、多数の亜種があり、
 ゲームによって配当が異なります。
(例:ミニルーレット、ダブルボールルーレット、ライトニングルーレットなど)

例:ダブルボールルーレット

ダブルボールルーレット
ダブルボールルーレットとは、球を2つ使います。1点賭けの数字に球が2つ入ると1300倍の配当がつきます。
運試しにどうぞ。

オンカジでのルーレットは、ライブ配信、ビデオゲームを含めて様々なバリエーションが揃っているのが特徴です。

バカラのルールと遊び方について

Rocky Casino TVより

00:53  バカラゲームの説明
01:36  カードの数え方
03:23  カードの追加条件 プレイヤーの場合
03:43  カードの追加条件 バンカーの場合
05:38  ベットの種類と配当
07:18  コミッションとその支払い方
08:26  ゲームのバリエーション
09:09  最後に

https://www.youtube.com/watch?v=ir8gPe21nMc より

動画の内容とオンカジとの違いについて

遊び方の違いについて

こんな変わった雰囲気のテーブルもあります。

オンカジのバカラの場合には、オンライン環境なので過去の結果履歴が画面上で確認できるようになっています。また、勝利金の計算やコミッションの計算なども自動で行われるので、ゲームだけに集中できます。

ルールの違いについて

オンカジのバカラにも亜種があるので、配当やルールは一部異なるものがあります。

まとめ

テーブルゲームの「ブラックジャック」「ルーレット」「バカラ」について説明しました。

ゲームの基本的なルールは「実際のカジノ」も「オンカジ」も共通していますが、全体的にはオンカジの方が甘めにルール設計されています。
カジノの臨場感は「実際のカジノ」にはかないませんが、ゲームのバリエーションに関しては「オンカジ」の方が多いので楽しめます。

最近のコメント

    初心者のためのオンカジ講座
    error:Content is protected !! Report to google
    タイトルとURLをコピーしました